postheadericon 世界基準の俳優を目指すなら「UPS/あっぷす」へ!

http://www.upsnews.co.jp映画やTVに出演して観客から脚光を浴びる俳優。

俳優は時代を代表する“人”であり、華やかさを求められます。

そんな俳優に憧れる(あこがれる)人は多いのではないでしょうか。

ここでは、多くの方に夢を振りまく俳優になるための養成学校をご紹介したいと思います。

★★詳細はこちらをご覧下さい!「http://www.upsnews.co.jp」★★

1982年に設立されたUPSと言うこの俳優養成学校では、「Universal Performers’ Studio」の名前のように、世界に通用する役者(俳優)を養成することをコンセプトに掲げています。

あっぷす(略称)の名前で知られるこの学校は、アメリカのロスアンジェルスにも教室を持っています。

このUPSの取引先には、世界的に有名な映画配給会社(制作会社を兼ねている場合もあります)であるワーナーブラザースをはじめとして、20世紀フォックスやユニバーサル・ピクチャーズ、ソニー・ピクチャーズ・エンターテイメントなどの大手の会社があります。

アップスアカデミーの「総合俳優育成プログラム(本科)」では、2年間または3年間プログラムを受講することになっています。

この本科への応募については、心身共に健康な18歳以上の男女で国籍は不問となっています。

選考方法については、一次審査としての書類審査、その後、セリフや動作などの能力と資質を把握することを含めた面接(オーディション)により合否を判定します。結果については応募者全員に対して郵送で通知されます。

アップスアカデミーの特徴の一つとして、俳優のための英語習得プログラムが開講されていることが挙げられます。

世界に通用する俳優を目指すのであれば、ぜひUPS/あっぷす(略称)に応募されることをお勧めします。

postheadericon 人事考課は支援システムを導入しよう

人事考課というのは、その企業に勤めている従業員の業務に関して評価をする制度を意味します。職務遂行度や貢献度などが基準となります。その企業ごとに設定した基準と比較する、そして従業員による自己申告や人物明細書、人物評など、そのほか従業員同士の相互順位での比較などがあげられます。

ところが、これらを一から企業内で行うとなると時間も手間もかかります。専門知識も必要になるのでは、と不安に思うこともあるでしょう。そこで、人事考課の支援システムが注目を集めているのです。人事考課の支援システムを導入することでどなたでも簡単に作業ができるため、時間も手間も省くことができます。

すべての従業員の評価を下すための人事考課はなかなか大変です。しかし支援システムを導入することで基準を定めてしまえばそれに伴って比較、評価をしていけるので、人事考課でお悩みの場合は是非支援システムを試してみましょう。

最新の人事考課システムランキングを見ると、無料でお試しが出来るタイプもあります。実際に使ってみて、その使い勝手を知ることで導入を決断するのも遅くはありません。経費削減や仕事の効率アップを図るためにも、従業員全体を把握するために人事考課支援システムの導入を検討してみませんか?

postheadericon 人事考課と人事評価の違い

多くの企業では、従業員のモチベーションを高めるために、それぞれの業種に合わせて従業員を評価していると思います。

これを「人事評価」という企業が多いのですが、似た言葉に「人事考課」というものがあります。

この「人事評価」と「人事考課」

似たような言葉ですが、二つの違いはあるのでしょうか?

結論だけ言ってしまえば、さほど違いはありません。

どちらも従業員の能力を評価するものという意味で使っている企業がほとんどです。

違いがあるとすれば、賃金の反映のためなどの狭義な目的で使うもの。

評価は従業員の能力把握のためや人事異動の参考のためなど、広義な意味で使うものと差別しているところも多くみられます。

基本的には、どちらも意味は違いがないと思ってください。

企業によってそれを人事評価と呼ぶか人事考課と呼ぶか…

場合によっては、人事査定などと呼ぶところもあります。

目的としても、全て同じ意味をもつと思います。

従業員を適正に評価しモチベーションをあげる・従業員のさらなる育成・活用のために役立てる。

このような目的を持っています。

これからの時代、この人事考課は重要なものとなります。

今まではできる従業員・できない従業員の差をつけることが多く見られてきました。

しかしこれからは「差をなくして従業員全体を伸ばす」ことが、企業のさらなる発展につながるとされています。

企業の人事担当者は、このことを頭にいれて人事考課を取り入れていくといいでしょう。